自治体でのゴミ回収でパソコン廃棄はできません

パソコンに詳しくない人でも高く売る方法はあります。

どこの業者を利用して売る方が高く買い取ってもらえるということを知らなくても、ネットを活用して情報を集めることで最適な処分方法を見つけることができます。例えば、ランキングサイトを活用することで、どの業者が一番利用されていて人気なのかなどを簡単に調べることができます。パソコンの知識がなくても、どの業者を選ぶとよいのかが判別できるのであれば十分です。

発送でパソコン引き取ってもらう場合の流れを確認

発送するために必要なものを揃えよう

パソコンを買取業者に発送するのであれば、まずパソコンを入れるためのダンボールが必要となります。ダンボールはホームセンターなどで購入することができます。揃えるのはダンボールだけではありません。そのまま送ってしまったのでは傷がつく可能性もあるので、梱包するダンボール内でクッション材となるようなプチプチや新聞紙も入れて梱包するようにしましょう。発送を依頼する業者から直接購入することもできるので、発送の依頼と梱包材についても伺ってみましょう。

業者が引き取りできるものであるかを確認しよう

依頼する業者によって対応できる物とそうでない物があるので事前に確認しておきましょう。また、引き取りの対象商品であっても状態によっては受付できないということもあるかもしれません。発送時の注意事項を細かく確認してから発送しましょう。

パソコン買い替えの場合は、データ移行をしておこう

新しくパソコンを購入したので、今使っている古いパソコンを処分しようという場合、そのパソコン内に含まれるデータが今後も使用するデータであれば、新しいパソコンに移行しておきましょう。データの移行は自身で行うこともできますが、やり方が分からないという場合には業者に依頼することも可能です。

発送をする際に発生してくる送料

発送料金は、利用する配送業者や店舗との距離、重量などで決まります。場合によっては、近くの店舗で処分してもらうほうが料金がかからずに済むということもあるので、依頼する前に送料を含めて料金の比較をしておきましょう。時期によっては、買い取りキャンペーンにて送料無料のサービスを行っている業者もあるので、そういったものを利用することで出費を抑えることができます。

処分をした根拠となる廃棄証明書

「産業廃棄物広域認定制度」の認定事業者以外への処分依頼の場合は、廃棄証明書を発行する必要があります。もし、その書類の発行を依頼をする場合は別途料金が必要となることもあります。この書類には、運搬会社や処分場、破砕台数などが記載されていて、処分を終えた明確な根拠となる書類でもあります。

パソコンを処分するにあたって確認すべきこと

パソコン

不要になったパソコンの処分は業者にお任せ

家庭ゴミとは異なる方法での処分が必要なパソコンは、それに対応してくれる業者が複数あります。業者の他にも地方自治体でも回収BOXを用意してくれていたりと、いくつもの処分方法があります。処分方法の種類と違いについて見てみましょう。

READ MORE
男性作業員

処分依頼をする前に知っておきたいコト

何も知らないまま依頼をしてしまうと損をしてしまう可能性もある情報について紹介しています。買い取りの場合は、その相場を知らなければ平均以下の価格で売る可能性もあるので、事前にチェックしておくことが重要です。

READ MORE
パソコンのモニター

廃棄の依頼が決まったら何をするべきか?

直接店舗への持ち運びが面倒という方向けに、パソコンを買取業者に発送して無償で処分してくれるといったサービスを行っている業者もあります。その場合、送る場所や地域によって必要となる送料が異なるので、住んでいる近辺で対応してくれる業者がないかどうかを確認しておきましょう。また、発送をする際の配送業者は自分で手配する必要があります。処分の依頼をする業者によっては、配送業者と提携を結んでいることもあるので予め利用する業者を指定していることもあります。

READ MORE
女性作業員

買取方法の異なる業者の違いとは?

パソコンメーカーや専門店、リサイクル業者やリユースをしている業者など無償処分や買い取りをしてくれる業者はいくつもあります。では、各業者の違いやメリットはどういったところなのでしょうか?その違いについて確認してみましょう。

READ MORE

パソコンリサイクル法

処分で困った場合はリサイクルショップを活用しよう

不用品になった物のほとんどを買取してくれるリサイクルショップは、自治体で処分できないパソコンも例外なく買取してくれます。パソコンの状況次第では処分料が必要となることもありますが、自宅でそのままにしていも邪魔になるだけなので不要なら早めに処分するとよいでしょう。

マウスやキーボードの処分は自治体でも回収してくれる

パソコンは本体なのか周辺パーツかによって引き取ってもらえるかどうかが変わります。パソコンには「資源有効利用促進法」というものがあり、その対象となるディスプレイや本体は自治体では引き取ってくれません。しかし、その対象外となるマウスやキーボードなどであれば自治体のゴミ収集で回収してもらえます。

パソコンを処分する前にデータをチェック

パソコンの処分で特に気をつけるべき点は、ハードディスクの処分です。ハードディスクはパソコンの全データを保存する場所であるため、データを残したまま処分すると漏洩する可能性もあります。そのため処分をする前にはデータは全て削除しておくようにしましょう。

パソコン廃棄をしてみて分かったこと、感じたこと

気持ちのよい取引をするために、レビューや評価数のチェックは欠かさず行ってます。

パソコンの処分はそんな頻繁にすることはないので、再度同じ業者にお世話になるということはないかもしれませんが、対応するのは人対人であるためやはり対応がよい業者であるかどうかを気にして探しています。以前、処分の依頼をした業者では、電話での問い合わせ時点での対応が素晴らしく、その後の対応も迅速に行っていただいたので、次利用する機会があればまた同じ業者に頼むかもしれないです。

発送で対応する場合は、確認不足がないようにご注意を!

私が実際に体感した事ですが、処分したいパソコンの台数が多く、また古くからパソコンを所有していたため、まとめて処分しようと送ったら引き取り対象外のパソコンを送ってしまってました。その他のパソコンに関しては問題なく引き取ってもらえたのですが、対象外であったその1点は返送という対応となり、結局その無駄になった送料分が原因で引き取ってもらったパソコン分の買い取り料金が少なくなり、がっかりでした。

想像よりも高い価格で買い取ってくれた

自分でパソコンを自作したため、それぞれの物の価値が分かるので売る場合の価格はだいたいこれくらいになるあろうとの予測を立てていたのですが、パソコンの専門店に持っていくと、人気があるパーツだったようで高めの値段で買い取りしてもらいました。

自治体が回収BOXを出してくれていました。

不定期なのかもしれませんが、私の住んでいる地域では不用品回収用のBOXを設置してくれます。そのおかげで自宅から少しの距離を移動するだけで不要なパソコン、古くなったプリンターなどをまとめて処理できました。後から知ったことですが、地域によってはそういったBOXがないこともあるようで、たまたま自分の住んでいる地域はそういったBOXを出してくれる場所でラッキーでした。

やっぱり大手は安心して任せられます。

パソコン大手メーカーで購入をして、5年ほど経過した今では古い機能となってしまったので新しいパソコンを購入して今使っているパソコンを処分することにしました。長年お世話になっていたということもあり、パソコンの処分もそのメーカーに任せることにしました。大手だけあって、問い合わせの際には電話が混み合っていたりもしましたが、対応に関しては一切言うことはありません。これからもこのメーカーを利用していきたいと思っています。

【広告】
東京のリサイクルショップへ買取希望。
質の高いサービス・サポートにご注目♪ 【広告】
東京のリサイクルショップに不用品を引き取ってもらう!
即日現金買取可能◎ 【PR】
不用品回収の業者なら名古屋がピカイチ!
時間を問わずに利用出来る便利サービス。 【広告】
不用品回収は千葉県にある専門店へ。
丁寧に対応☆質の高いサービスに注目。 【PR】
パソコン廃棄を考えているなら、専門業者を活用しよう!
自分でパソコンを処分するより安く処分できる!!

パソコンを処分したいけど、分からなくて困った場合はどうしてる?

パソコンは自治体のゴミ収集で拾ってくれますか?

残念ながら、一般的な家庭ごみのような処分や粗大ごみのように処分してもらうことはできません。パソコンを処分するのであれば、専門業者や製造メーカーへの依頼、地域を巡回している不用品回収業者に対応してもらうことが必要です。

電源の入らないパソコンでも買い取りをしますか?

処分であれば問題ありませんが、買い取りとなると業者によって異なります。リユースなどを行っている業者であれば、その部分の修理をして販売する場合の利益の割合などによってその対応は異なってくるでしょう。買い取りをしてくれる可能性もあるので、そのまま処分する前に一度業者に訪ねてみましょう。

HDD内のデータを消すだけで全て消えますか?

完全に全て消えていると断定するのは難しいでしょう。例えば、ゴミ箱のデータを削除した場合でも復元によって元に戻すことなどもできるので、個人でデータを消去する場合は、パソコンを分解してHDDを物理的に破損させるのが最も効果的といえるかもしれません。

発送での処分の場合、その後の確認方法はありますか?

買い物をした際のレシートなどの変わりとなる「廃棄証明書」というものがあります。発行までに約1ヶ月程度はかかるので、依頼時点で予め頼んでおきましょう。また、廃棄証明書の発行は別途料金が必要となり、ほとんどが約3000円ほどの料金です。

自作したパソコンでも処分の対応はしてくれますか?

依頼する業者によって異なります。パソコンメーカーであれば、自社で製造したパソコンの対応のみしか受け付けていないのでBTOや自作PCなどでメーカーの異なるものを利用している場合は、幅広くパソコンについての情報を持っているパソコン専門店でみてもらいましょう。

広告募集中